086-263-1160
086-263-1160
ひろいち

筋力足りないからケガするわけじゃないじゃろ

ケガをするのは

 

筋力が足りないからか

 

はたまた

 

柔軟性が足りないからか

 

はたまたまた

 

その両方か

 

だからトレーニングが大事なんです!

 

これは僕らトレーナーと呼ばれる
仕事の人が声を大にして言っていること🏃

 

しかし

 

なんか大事なことが抜け落ちてる??

 

 

まず1番はその選手の動きが
効率的であるかどうか?

 

両親からもらった体を活かした
動きになっているのかどうか?

 

経験によっては非効率な動きをして

それで怪我をして

 

それなのに体が硬いとか筋力が足りない
とか怪我をした理由が「そっち」になる。

 

イチロー選手はヤンキースにいた時に
ダウンタウンの浜ちゃんさんの
インタビューにこう答えていました

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-0-00-10

 

筋肉を大きくしたり
強くしたりすること
はできるけど

 

腱や靭帯も一緒に
鍛えることができんから

結局ケガは増えてしまう💀

 

同感です!

 

合理的で効率的な動きは
きっと神様がくれた動きです。

 

2歳で3歳のときにボールを投げて
肩や肘を痛めたってハナシ聞かんでしょ⚾️

 

そこから、年齢が上がるにつれて

 

この子のために👼

 

と言う思いから、体を鍛えるとか
こうやって投げたらいいんじゃない
かとか・・・

 

いろんな情報がその子に入っていって
もつれていってしまう・・・。

そして

 

もつれた糸を解こうとして余計に
もつれてしまうというような
感じの悪循環を起こしてしまう💀

 

最終的に筋力や柔軟性が足りないから

 

という考えで技術ではなく
体力に頼った指導になってしまう

 

ほんとうは

 

効率的な動きを
ゲットすること!

 

ヒーローズでは最初にボールを
投げてもらいます。

 

または

 

ボールを打ってもらいます。

 

その動きに根本的なエラー
があればそこから着手します

 

技術じゃなくて体の動きに
着地するわけだから

これはもう・・・

僕を信じてもらうしかない!

 

たくさんの小学生中学生がウチで

ケガが起きないカラダ

でなくて

ケガが起きない動き

 

をつかんで笑顔になっています!

 

ボールをその手に握るところから
やってみませんか?

 

ではではまた明日〜👋👋

2016年10月19日
ヒーローズブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

他にこんな記事も読まれています