こんにちは

 

ヒーローズ☆スポーツ
トレーニング研究所の

 

ひろいちです

 

今日は備前緑陽高校さん
からご要望いただいて
野球人能力測定を
やってきました

2年生3人と1年生8人で、
毎日頑張るチームです

 

今回の測定で
再確認したこと
がありまして。

 

 

 

それは・・・

 

 

①どこのチームにも
能力が高い子はごろごろ
いること

 

 

②ほとんど人が
自分の「良いところ」
を知らないということ

 

 

③その「良いところ」は
数値にするとかなり
はっきりするということ

 

 

そして

 

 

④測定は「良いところ」
を見つけるために
やるべきものだ
ということです

 

 

野球の現場で
見かける測定といえば

 

筋力や柔軟性を
チェックする測定
が1番に浮かびます

 

でもですね、

 

 

こういう測定は

 

ウィークポイント
さがし

 

になることが
多いです

 

ウイークポイントが
見つかったら・・・

 

そこを鍛える

 

ことになります

 

これは

 

冬の練習は
トレーニングして
体を鍛える時期だ

 

体を鍛えたら
きっと野球に
よい影響があるだろう

 

と言う考え方のもと
に成り立っています

 

しかしです、

 

体力が上がることで
野球の技術が上がる
ことに直結している

 

ということを証明した人は
まだ 1人もいません

 

ヒーローズの測定の
最大の目的は

ウイークポイントでは
なくてその選手の

 

ストロングポイント

 

に気づくお手伝い
をすることです

 

今日の測定で言えば

 

ある2年生の選手の

 

ベースランニングの
タイムがめちゃめちゃ
良かったんです

 

これがもう少し
伸ばせたら

プロ野球選手だって
びっくりするような
すごい数字です

 

そのことを本人に
伝えたら

月並みな表現ですが
目が輝いたんです。

 

きっと彼は
次の測定の日に
向かって自発的に

 

いろんな
工夫や努力を
するでしょう

 

他の部分も前向きに
捉えれたそうです

 

ヒーローズの測定は全て
野球の技術に直結している

ので野球のレベルも
上がっているでしょう。

 

野球は

 

何か1つでも
光るものがあれば
ヒーローになれる
スポーツです

 

今日も明日も
ウチの研究所や、
グラウンドで

ヒーローたちの
輝きポイントを
見つけて伝えます