おはようございます。

 

ヒーローズ☆スポーツ
トレーニング研究所

 

動きの調律師

伊藤ひろいちです。

 

昨日久しぶりに
THE MANZAI
をみたんです❗️

 

お目当はもちろん
10年ぶりに復活した

アンタッチャブル

腹をかかえるほど
面白かった!

 

とはいかなかったけど

 

ザキヤマさんは
この10年は全力ではなく
力をセーブしてたんだな

 

ということを
感じました

 

ザキヤマさんの全力暴走を
受け止めたり受け流したり
できるのは柴田さんしか
いないんだなぁ〜と。

 

リミッターなしで
心置きなく暴走する
ザキヤマさん

それを絶妙にさばく
柴田さん

10年経って久しぶりに
漫才をしても

 

感覚というのは
変わらないんだなと
痛感させられました

 

しかし❗️

 

10年どころか1日〜2日
経っただけでも

 

簡単に野球の動きの感覚は
狂ってしまうものです‼️

 

中学生や高校生は
ちょうど今ごろ
期末試験の期間中

 

勉強頑張らなくては!

 

っと、全く練習を
しない期間があるだけで

 

試験期間明けの
一発目の練習では

 

うまくボールが
投げれなかったり・・・

思い通りのバッティング
ができなかったり・・・

 

となります

 

どうして感覚が
狂ってしまうかと言うと

 

そもそもボールを投げたり
打ったりする技術には

 

全身に200以上ある関節を

☑️タイミングよく

☑️順序よく

☑️正確に

☑️最適な角度で

☑️最適な力加減で

動かす必要があります。

 

つまり

もともとがカミワザです❗️

 

実は試験期間中に
感覚が少しだけ狂って
タイヘンなことが
起きているんですが、

 

まぁ、なんとか
なるじゃろ

 

と、気にしない選手が
大多数です

 

本人がそんな状況なら
もちろん家に帰ってきても

 

なんか、感覚
狂ってるんよね〜

 

という会話に
なろうはずがありません

 

しかも

冬休みに入ると時間が
あるからガッツリと
冬季トレーニングだ!

 

ということで
体力の強化に時間を
割くチームが増えます

 

すると・・・

 

感覚が狂ったまんま
の状態で・・・

 

体力が上がっていくので・・・

 

狂いが大きくなる

可能性が上がります❗️

 

そして

 

そのまま春を
迎えて狂いが大きくなって
いたことに気がつくんです

 

その時点でビハインドです

 

この試験中や
試験期間明けの時期は

 

感覚が狂っていることに気づく

どこが狂っているかを知り

その部分を修正して

全体の動きを調整する

という

動きの調律

を大事にしてください!

特にが大事です