今日は岡山は私立入試の

合格発表日

 

今から30年前

 

今日のような日に
ドキドキしてたのを
よく覚えとる

 

教室で待機してて
1人ずつ別室へ呼ばれて
合否が伝えられとった

 

だんだん自分の順番が
迫ってくるのが
ドキドキじゃった!(◎_◎;)

 

そして行く高校が
決まったら
次にやってくるドキドキは

 

✅どんな練習するんじゃろうか

 

✅どんな先輩なんじゃろうか

 

よね!

 

なんぼオープンスクールなんかで
チラッと見とっても
それはお互いに

 

よそ行きバージョン

 

最高の友達関係
人間関係ができますように

 

親としてのドキドキは!

 

うちの子は
高校野球のレベルに
通用するんじゃろうか?

 

 

じゃあないんじゃろうか❓

 

中学3年だったら
ピッチャーの投げる球は
120キロ前後💨💨

速い選手でも130キロ前後💨💨💨

 

それでオッケー
だったんじゃけど・・・

 

今や高校野球では

 

平気で140超えてくる
投手がゴロゴロおる💨💨💨💨💨💨

 

球速が20キロ違えば
打つ方にとっては

 

とんでもない変化です

 

⬇︎こんな感じ?

 

時速120キロを打つんなら
ボールが指から離れて

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

約0.6秒

で打てたんじゃけど

 

時速140キロを
打つ時の時間は

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

約0.4秒
※ピッチャーのステップ幅は
1.5mで
計算したよ!

 

 

まばたきの時間が
大体0.1秒って言われとるから

 

まばたきしとる間に
どん詰まる

 

 

さらに高校生ともなると

☑️カーブ

☑️スライダー

☑️カットボール

☑️チェンジアップ

☑️ツーシーム

☑️スプリット等々

名前覚えるだけでもしんどい
変化球が混ざってくる

 

これに適応していかんと
生き残っていけれんのん
じゃけど

 

よくある間違いは

 

単純にスイングスピードを
速くしようとすること!

 

もちろん速いにこした
ことはないんじゃけど

 

これだけでは

 

0.2秒のカベ
超えられんし

 

変化球への対応も
できん

 

1年生の終わり頃に
それに気づいても

相当のビハインドを
食らうことになる

 

そこで

 

HBMの出番!

 

この前のブログ
紹介した

 

中3のAくんは
高校野球準備に
余念がない

 

ここでもその辺の
ことはガッツリ伝えるから

 

✅インパクト

⬆︎レッスン前    ⬆︎レッスン後

 

✅フォロー

⬆︎レッスン前    ⬆︎レッスン後

 

ガッツリ変わる

 

✅自分本来のカラダの扱い方

✅効率的な動き方

✅野球の技術との融合

 

上の3つをバラバラでやっても
いい冬季練習はできません。

 

学校も決まりさあこれからだ!

な子どもさんの笑顔に向かって

最高の準備をしてください