見た人も多いと
思いますが・・・

住んでいる
家を飛び出して

 

放浪ミミズク

として話題になっていた

 

あのミミズクさん

ANNのニュースの写真より抜粋

 

路上で死んでいる
のが発見され

飼い主さんの
元へ戻った

 

と言うニュースが
流れとった

 

なんでも

 

ミミズクやふくろうたちは
一点を見つめると
周りが何も見えなくなる
習性があるそうで

 

何かの獲物を見つけて
狩りをするため

 

標的に向かって
まっすぐ飛んでいる時

 

車に気づくことが
できず、はねられたのが
原因かもしれないと
専門家が語っていた

 

まぁ〜

 

飼い主さんにしたら
お気の毒な事でした

 

ミミズクが獲物を取る時は
周りが見えなくなるらいに
一点集中するそうじゃけど

 

ボールを打つときの
目の使い方
ちょっと違うと
思ってます❗️

 

こんな経験ないです?

 

しっかりボールを
見つめているうちに

⬇︎
ボールをひきつけ
過ぎてしまい

⬇︎

力が入りにくいとこで
ボールを打つこと

 

僕はよくありました

 

そうやってやらないと
怒られることも
よくありました

 

昨日はヒーローズに

野球少年

ボールのど真ん中の
7ミリ下を叩け!

と言われるんですが
なかなかできないんです

 

 

という子が
来たんじゃけど・・・

 

そりゃあ
打てんじゃろう

 

野球をしてる時に
必要な見方は

 

なんとなく見ること

 

もう「見る」という
言葉じゃなくても
いいと思います

 

なんとなく見ると
景色の中で
動いてるボールが

どれ位の速さで
どのぐらいの角度で
ベースに近づいてきて

どのタイミングで
バットが動けば
力が入りやすいところで
打てるかな??

 

みたいなイメージが
湧きやすい❗️

 

そんな時は余計な力が
抜けた状態で
バット振れるのに対し

 

ボールをしっかり見よう
とすると

⬇︎

目の周りの筋肉から
始まって

⬇︎

顔や首や肩や・・・
いろんなところに
余計な力が入り
やすくなります

 

なので試合を
応援してるときに

 

お母さんは

おかあさん

リラックスして〜

 

っと言ってる横で

 

お父さんは

おとうさん

ボールをよく見て〜

 

と言うのは間逆のことを
言っていることになるよね

 

ボールをなんとな〜く
見ようとするのは
れっきとした技術

 

そして、

 

目に入ってきた情報を
頭の中で一瞬で計算して
体を動かす命令を
出していくのは

 

脳の中での
処理速度の問題。

これもテクのうちなんよ!

 

ようは、

 

なんぼ振りが早かろうが
筋力が高かろうが・・・

 

目と脳がおえんかったら
それは宝の持ち腐れ!

 

ヒーローズでは

野球のレッスンで
そこを鍛えていってる
のはもちろん、

⬇︎⬇︎こんなんとか

⬇︎⬇︎こんなんとか

⬇︎⬇︎こんなとか・・・

 

 

たくさんの
スポーツ専用脳トレも
やってもらってます!

 

いうて

 

写真だけじゃあ
うまく伝わらないので

 

百ブログは
一体験にしかず

 

ぜひ体験に来て見てくださ〜い