新聞に載とったから
多くの人が見た
と思うんじゃけど

 

このたび・・・

 

少年野球のルールの
改正があったんよね

 

それは

 

1人のピッチャーが
1日に投げていい
球数は70球まで

 

というもの

 

トレーナーの仕事を
しているものの・・・

 

このニュースを
いち親の目線で
見た僕には

 

これ、誰が
数えるんかな?

 

が最初の感想でした

 

1日につき70球

 

ということは・・・

 

 

今、メジャーでも
流行りつつある
オープナースタイル

 

とか

 

3〜4人の継投

 

とか

 

いろんな作戦が
出てきそうよね

 

これが試合のゆくえを
大きく左右するから、

 

トーナメント戦なんかで
対戦チーム同士に
駆け引きが生まれるよね

 

いろんな戦いかたを
するチームが出てくる中で

 

次の対戦相手は

 

あのピッチャーは
今日はあと何球
投げれるのか???

 

という情報を
知らなきゃいけない
ようになるじゃろうし

 

正確にきちっと
数えとかんといけんけ

 

大会を運営している
本部の方からひとり

対戦チーム同士
から最低ひとり

 

という最低3人の

 

ボール数え係

 

を作らにゃいけん

 

もしこれが野球に
慣れていないお母さんで

 
先発ピッチャーが
一旦ファーストに入って

またピッチャーに
戻ってくる

なんていうことが
頻繁に起きたら・・・

 

もう勘弁してくれー

 

なんて言うことに
なりそうじゃね

 

このイニング制限は
子供の体を守るための
気持ち発信であるから

 

大事なことだと
思うからいい感じに
なってもらいたい!

 

いうて僕は今回の
ルール改正には違う角度の
考えを持っていて

 

 

上手に投げら
れない子は
70だろうが
30だろうが
怪我をする
という事!!

 

そもそも慢性の
怪我をする原因は

 

✅投げすぎ

✅筋力不足

✅柔軟性不足

 

 

大原因

 

としてクローズアップ
されてきたけど・・・

 

投げる以上に
たくさんバットを
振っても

怪我をする子の
割合は少ないが?

 

ヒーローズには
ボール投げて肘を痛めた
という子はたくさんきます

 

程度によるけど
大抵の場合は

 

1時間でガラッと
良くなって帰っていきます

 

怪我をすると言う事は

 

☑️本人に合っていない投げ方

 

☑️物理的に理に
かなっていない投げ方

 

になっています

 

そこで

 

✅センサーや画像と
人間の眼を使って
きちっと分析し

 

✅子どもがわかるように
説明して

 

✅納得してもらった上で
正しい動きを
身に付けてもらう

 

それだけ!

 

 

もうすぐ春休みに
なるし、
いっぺんキチッと

 

理にかなった動き
身につけてみませんか?