やりましたね〜

 

東洋大学の桐生選手

日本新記録となる9秒98

 

 

昨日のムービーは30回
ほど見たけど

 

ラスト10メートル位の
弾むような走りは
何かい見てもすごかった

 

 

男泣きしてた東洋大のコーチと
信念を持ってやり続けた
結果だと感じました

 

 

彼の自己ベストは
高校生の時の
10秒01だったから

 

0.0 3秒の壁を越えるのに
5年と言う長い期間をかけて

 

それだけにこだわって
練習を続けてきたんだ
と思うんですよね

 

ほんとにおめでとう
ございます㊗️㊗️㊗️

 

僕もずっとスポーツに
関わる人間の一人として
ほんまに嬉しかった

 

 

しかし9秒98の

8

ってどうやって
正確に測っているんで
しょうかね❓❓❓

 

0秒01って
当たり前ですが

 

100分の1秒!

 

1秒を100個に分割して
そのうちの1個分の時間
を測るなんて

 

ストップウォッチでは
絶対にできません

 

人間の目では
そこまでの速さを
正確に見極めること
はできないですし

 

そこからストップウォッチ
のボタンを押すまで
の時間がかかるから

 

必ず誤差が出ますもんね

 

 

実は

 

ちゃんとした試合では

光電管(こうでんかん)

っていうセンサーが
必ず使われます

 

 

⬇︎これね!

 

これは

スタートラインと
ゴールラインに

 

一つずつセット
されてます

 

この機械から
ビームが出ていて

 

その線を何かが通ったら
センサーが瞬時に
反応して

 

タイムを測ることが
できます!

 

これがあるから

 

100分の1秒という
人間の目では追えない
世界のタイムを
測ることができます

 

やっぱそうですよね〜

 

これを人間がやってたら
タイムに不満を持った選手が

 

あれ、ゼッテー違うし!

 

みたいに測り方
不満を持ってしまい
ますもんね

 

もちろん

 

ヒーローズでのトレーニング
にはこの光電管センサーを

使っています!

 

これを使ってスタートや
ステップのトレーニング
を時間で評価することで

 

さっきの動きは
どのくらいの
パフォーマンスを
発揮したのか?

 

をはっきりと
知ることができます

 

正確に数値化されていれば

トレーニングしてる
選手本人も納得ですしね!

 

細マッチョ選手権に
出るのならば

 

見た目がカッチョ
いいかどうか?

 

がわかればいいけれど

 

野球やサッカーなど
ダッシュがあるスポーツには

 

0.01秒へのこだわりが
めっちゃいるんよ!

 

それをモニタリング
しながらトレーニング
できるのが最高の環境です!

 

ヒーローズでは
1回計測だけ

 

っていうのもやってます!

 

気になるお金は

ワンコイン

でやってますし

 

ジムに行くのって
高いんじゃろうか

 

って思った方も
安心して来てくださいね

 

ただ、測定と結果説明で20分くらい
かかりますから

事前のお電話での予約を
お願いいたします🙇🙇

086-230-6988

までお気軽に〜!