いきなりオモい話じゃけど

 

僕は高校野球を5ヶ月で
辞めた経験があります😢

 

その後の高校生活は
学校行くこと自体が辛かった

 

けど

 

今となったらあの時の失敗が
全て僕のプラスに転じている

 

失敗や挫折なんて
長い目で見たら
関係ないじゃと思います‼️

 

高校野球を断念したから
スポーツクラブに通って
「トレーナー」と言う仕事を
知ることができた

 

僕のベースとなった
川崎医療福祉大学にも
進もうという考えになった

 

そこでたくさんの言葉
を僕にくれたのが

 

今は岡山駅西口にある
朝日医療大学校の校長
をしている柚木脩先生

 

⬇︎この方です!

 

この先生の名前を知っている
人も多くいると思います

 

柚木脩先生柚木脩先生

一隅を照らせる人材になりなさい

 

柚木脩先生柚木脩先生

派閥に乗るな

 

「ヤブ医者」と言う言葉の
本当の意味も教えてくれた

 

ほんとにたくさんある
言葉の中に口癖のように
言っていた言葉が

 

柚木脩先生柚木脩先生

逆も真なり

 

この言葉のおかげで
僕はたくさんの常識を
逆方向からも見る
ことができてる

 

いろんな人から
変態扱いされるけど

 

「物事の本質」を
見ようとする感覚は
養えてるような気がする

 

例えば

 

プロ野球オールスターゲーム
の前のホームラン競争で
2日連続で優勝した

 

ソフトバンク
柳田悠岐選手の言葉

 

 

 

柳田選手

とにかくフライを
打とうと思っていました

 

これを聞いたたくさんの
野球指導者さんから

 

フライなんてとんでもない。
こんなことをちびっこが
真似したらプロ野球選手
としてどうなんだ

 

という声がネット上
に上がったらしい

 

逆も真なり

 

で僕は素晴らしいこと
言ったなと思った

 

小・中・高・大
社会人・プロ野球… .

 

カテゴリを問わず
言われているのが

 

転がせば何かあるぞ

 

と言う言葉

 

さっきのフライはダメだ
と言う指導者さんは

 

この言葉の固定観念から
抜け出せないでいる
(と僕は思ってる)

 

僕の知り合いの指導者さん
もゴロを転がしさえすれば

1  野手がエラーをする

2野手が送球エラーをする

3 1塁手がボール取れない

 

と言う3つのエラーの確率が
発生するため転がせと言う考え

 

もしこの考えのもとにたくさんの
練習やトレーニングが
作られているとしたら

 

僕は個人的には
間違えかと思っています

 

小学生のちびっこならまだしも
レベルが上がれば上がるほど
相手のミスを期待すると
言う消極的な考え方で

 

試合に勝つ確率なんて
高いはずがない‼️

 

相手がエラーしなければ
確実に負けるやり方に
なってしまうじゃろ

 

じゃあどう
すればいいのか?

 

というのは

 

さっき出てきた
柳田選手のフライ持ち上げよう
と言う言葉に通じてるんだけど

 

 

書いたらめちゃめちゃ
長くなるので

 

例えば息子さんが
バッティングで
苦しんでるなら

 

ヒーローズ
まで来てみてね!