現役引退発表の会見を
開いていた

 

柔道の金メダリストの
松本薫さん

 

連休明けから
アイスクリーム屋さん
オープンするそうで

⬆︎ヤフーニュースより出典
画像タップでニュースに飛びます

 

まぁ〜それでも柔道には
関わっていかれる
じゃろうと思うし

 

第二の人生を
応援しますよ!!!

 

松本さんといえば
会見の時の柔らかい笑顔
とは打って変わって

 

勝負のときの表情は

野獣

と呼ばれるほど
強い表情になる

 

こうやって感情やTPOに
合わせていろんな
表情が出てくる・・・

 

これっていいことよ❗️

 

野球の世界でも
ずっとずっと歴史を
さかのぼると

 

旧日本軍の軍隊教育から
来ているところが濃いらしく

 

46歳の僕が
小学生や中学生だった頃は

 

練習中にちょっとでも
笑おうもんなら

 

伊藤!歯を見せるな!

 

っと怒られてた

 

あれから30年以上が経ち
スポーツは楽しむところが
原点だということが
わかっている今でも、

グラウンドで笑うの
なんてけしからん!

 

って考える人は
多いんじゃないじゃろうか?

 

この前ヒーローズに
来てくれた
中学1年生の内野手っこは

 

小学校の時は

 

良い守備をすると
満面の笑顔で

 

お母さん!お母さん!
今のプレーどうだった???

と訊いてきていたらしい

 

もちろんこの

どうだった???

 

今のよかったじゃろ???

 

の裏返しなわけ
なんじゃけど

 

いわゆる有能感を持って
メキメキ上達していたようなんよ

 

しかし中学で硬式野球を
始めてからは

 

どちらかと言うと
笑顔も有能感も消えて
消極的になっていたらしい

 

お話を聞く限りの
原因の1つは

 

硬式ボールになって
打球が早くなり

今まで取れてた
ボールが取れなくなった

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

 

その状態でとにかく
数をこなす練習をしてきて

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

してきてるんだけど
上手くなるポイントを
知らないまま練習してた
もんじゃから

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

なんぼノック受けても
上手くなっていない

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

そんな自分に対しての
自信がだんだん
なくなってきて

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

エラーしまくって
笑うのは格好悪い!

っと言われるかも
知れんと言う気持ちから

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

無表情になることで
自分を守っている

 

これはどう考えても
子どもが悪いわけではないよ!

 

大事なのは
上手になるポイントを
具体的に練習していくこと

 

そして喜怒哀楽の感情は
しっかり出していけば
いいと言う事

 

プレイヤーとして
成長するにつれ・・・

 

イライラや不安といった
マイナスの気持ちは
だんだん悟られないように
なってくるし

 

良いプレイをすれば
最高の笑顔で
ドヤ顔しとけば
いいんよ

 

 

具体的で内容の濃い
練習を積み重ねて

 

試合の時は
最っ高の笑顔で

プレーしましょうね〜!