今日はちょっと用事があって
福山から活動スタート

 

もちろんここも
野球が大好きな方がおられて

 

いろんな野球好きを
証明するようなグッズが
置いてあったんよ

 

その中にあったのが

 

⬇︎⬇︎こーゆー感じのグローブ
(実物の写真はよーとらんかった)

 

 

野球が日本に入ってきた頃

 

グローブはこんな感じだった
というのはテレビとか映画とかで
知ってたけど

 

実物見たのは初めてだった
からその頃に思いを
馳せてワクワクしました

 

と同時にある考えが頭に
降りてきました

 

それは

 

今でも現場で言われてる

 

✔️両手でとりなさい

 

✔️正面に回り込んでとりなさい

 

✔️グラブトスはダメよ

 

などの「基本中の基本」って
このころの道具から来てるんじゃ
ないんじゃろうか?

 

日本で野球が来てから
何十年と経っているのに

そこだけがなぜか脈々と
受け継がれているんじゃ
ないじゃろうか?

 

という仮説!

 

確かにこの頃のグローブでは
片手で取るのはまず無理

 

逆シングルも

 

グラブトスももってのほか

 

キャッチャーミット
だって昔はこんなんだから

〜〜脱線〜〜
たぶん、料理の「ミトン」や
ボクシングのパンチングミットも
語源を調べたら近いんだろうね!

〜〜脱線終わり〜〜

 

昔のグローブやミットは

ボールを両手で捕らないと
どうしようもなかったから

 

確かにそのころ守備の基本は
ボールは両手で捕るもん
だったんじゃろうね・・・

 

しかし!!

 

何十年もの時間をかけて
グローブもミットも進化してきて

 

いまや両手でボールを捕る
キャッチャーはいないし

 

いろんなバリエーションの
捕球ができるようになったし

 

メジャーの動画なんか見てると
かなり長い距離の
グラブトスをする選手もいる

 

これまた僕の感覚だけど
昔は「つきもの」だった

捕球中の突き指が減った
と感じるのは片手で取れること
が深く関係してると思う

 

もちろんヒーローズでは
守備に不安やトラウマを
抱える子たちには

 

両手で取ることが
基本中の基本だ!

なんて言わないどころか

 

練習・試合を含めて
全く同じ打球は
二度と来ない。

 

全て同じ形で取ろう
とすること自体が
ナンセンス。

 

だからありとあらゆる
姿勢で捕球できるように
なる必要があるんよ。

 

と伝えて自由に捕球を
してもらっている

 

いろんな姿勢で捕球して
いろんなところへ投げる
ことが子供に必要な
守備のトレーニングだと
思ってます

 

茶道とか日本舞踊みたいに
カタにはまった動きしか
できずに困ってる子どもさん
がいたら相談いつでもどうぞ!