今日も読んでくれて
ありがとうございます

 

ヒーローズ☆スポーツ
トレーニング研究所

 

動きの調律師

伊藤ひろいちです。

 

 

先月の発表で

 

来年の春の
選抜甲子園で
始めるのを
皮切りに

 

週間で500
という

ピッチャーの
投球数制限が
始まりますね

 

500という数字や
1週間という期間が
正しいかどうか?

 

は、いろいろ議論が
出てますが

 

まずはやってみなきゃ
わからないですよね

 

ところで、

 

春頃の「報道ステーション」で

↑↑報ステの画面より

 

小学校では球数制限を
100以上から70にしたら
肘の怪我が起きる確率が

 

58➡︎➡︎➡︎37

と約20%下がった

 

だから投球数制限は
有効なんだと
紹介されていましたが

 

これは同時に

 

それでも37%もの
子どもが肘の怪我を
するような状態だ

 

と言うことも語っています

 

つまり投げる量や
頻度はもちろんのこと

その前にひじを痛める
要素はたくさんある

と言うことです

 

でも・・・

 

野球ってそんなに
危険なスポーツだった
でしょうか????

 

✅ボールの重さ

✅投げる数

✅投げる頻度

 

がみんな一緒になって

 

あと、違うところ❓❓❓

 

一人一人違う
肘を痛める要素
と言うのは・・・

投げ方

です

 

例えばですが

 

大きな川に向かって
石を投げる水切り

あれ楽しいですよね

 

子供だったら夢中で
何回も何回も投げますが、

 

水切りやりすぎて
肘を痛めた

 

と言う話は少なくとも
僕の周りでは無いです

 

それは子どもが
自分で勝手に
自分に合った投げ方を
しているからです

 

しかし

 

これが野球になると
コーチや親御さんから
フォームをたくさん教わります

 

もちろん!

 

コーチの皆さんは
子どもの為を思って
一生懸命教えてくれて
いるのですが

 

もしも、これが子どもの
本来の動きに合って
いなかったとしたら
どうなるでしょうか❓

 

そもそも子どもに
自分の体を自在
に操る感覚

がなかったとしたら
どうなるでしょうか❓

 

すると言われた通りに
実行しているのは

 

フォームだけ

 

となって、

肝心のボールを投げる
コツが抜けてしまう
ことになります

 

感覚ナシのフォーム指導も
マズいということです

 

ここからは
僕の予想になりますが、

 

そういう子が
さっきの37%に
入ってくる子です

 

たまたま投げるのが
うまい子がいて

その子がピッチャーに
なって

その子が全部投げる

 

これではマズイので
球数制限はこれには効果を
発揮すると思います!

 

だけど、投げるコツを
きちっと教えることが
できれば、

 

球数制限効果の
裏に隠れている

投げ方が原因の
残り37%の野球肘を

撲滅することが
できると
僕は思っています!

 

まずは、お父さんは
自分の子どもさんを
正しく育ててあげてください!

 

一緒に勉強して
いきましょう