今週のこと

数少ない僕のアニキから
(僕の解釈で「アニキ」は、
叱ってくれる人ね!)

 

自分は自分他人は他人。
自分を磨いて自分なりの
自信が身に付いていれば
他人のことなんか
気にならないもんだよ。

 

という言葉をもらいました

 

いい年になってきて
しかも会社の代表なんか
やってしまっていると、

 

僕を叱ってくれる人って
急に少なくなってきた

 

すると自分がどんな状況に
あるのかがわからなくなるから

 

言ってくれる人がいるの
って本当にありがたいです

 

 

 

ヒーローズに来る
子どもさんのうちの何人かは

 

他人が自分になっていて

 

野球少年

この投げ方(打ち方、捕り方)
じゃないとダメなん
じゃないんですか?

 

という感じで

 

すべてひとつの動きだけで
やろうとする
子どもさんっています

 

これ、まぁまぁの
高い確率でいるんよ❗️

 

たいがいはお父さんとか
初めて習ったコーチに
教わったことを

 

マジメに実行しようと
している子に多い

 

ついでのあるあるだけど
小→中→高と

教えてくれる人が
増えれば増えるほど
全部受け入れようとして

完全にこんがらがって
しまってる子も多い

 

どちらにしても
そーゆータイプの子どもさんは

 

ラジコンのロボットみたい
にどこかギクシャクした
ような感じになります

 

たくさん原因があるけど
そのうちの1つは・・・

 

順番が違う
と言う事。

 

物心ついた頃から
目の前のモノをつかんで
投げる感覚は子供は
本来持っている

 

そうやっていろんなものを

つかんでは投げつかんでは投げ・・・

 

勝手に遊びながら
自分だけの投げの感覚を
つかんでいくはずなんだけど

 

どこのご家庭でも(もちろんウチも)

家が散らかるのは嫌だから
ものをつかんで投げさせない

かといって外で石でも
投げた日にゃ

 

隣の家の車にその石が
ぶつかった日にゃ

 

おおごとじゃ〜

ということで、

 
小学校で野球やソフトを
始めた時が初めて
何かを投げるとき

 

みたいな子は多いかも

 

ちなみに・・・

投げた石が隣の
車にぶつかる事件

はうちの長男の
ちびっこ時代の実話です

 

話は戻って自分自身の
感覚がない状態で

 

全く違う感覚を持つ
お父さんやコーチの皆さんから
教わってしまうから、

 

もうどうやっていいか
わからなくなる

 

思った所に投げられないし

 

だんだん肘なんかが痛くなってくるし
野球自体が面白くなくなってゆく

 

ほなもうだめじゃが

 

と思う人が居るかも知れんけど
そうではないよ❗️

 

大人になってからでも
ちゃんと練習すれば

ピアノだってバイオリンだって
弾けるようになるように

 

始めの一歩を
やり直せばいいだけの事

 

順番が違うだけだから
そこが身につけば
ぐいぐい伸びるよ

 

例えば川に連れて行って
石を掴んで自由に水切り
をさせるとか

 

いろんなかたちや重さのもので
キャッチボールするとか

 

できる事はたくさんあります‼️

 

もちろんヒーローズでも
アドバイスしてるので
どんどん活用してください!