昨日初めてヒーローズに
やってきた中学3年生

 

⬇︎こんな感じの子

練習

この子は守備に
不安があるそうで

高校に向けての
準備をしたいと
やってきてくれた

 

そこでこんな会話をしました

 

 

ひーろ

どんなミスが起きるの

野球少年

特に早いゴロの取り方が
わかりません

ひーろ

今まで上手くなるために
どんな練習をやってきたん

野球少年

とにかくたくさんノック受けて
ストレッチをしたり
体幹トレーニング
したりやっています

ひーろ

ストレッチや
トレーニングは
なんのために
やってるん?

野球少年

股関節が固くて
体幹が弱いから
エラーするんよと
言われたんです

ひーろ

ちなみにそれで「上手くなった」って言う実感はあるん

野球少年

いやー…

 

 

この子に限ったこと
じゃなくて

 

たくさんの子どもさんの
意見じゃと思うんよ

 

んで、

 

どうして子どもが
そう考えるかと言うと

 

そう伝えた大人が
どこかにいるからです

 

ズバッと言いますが

 

守備が上手くなるために
たくさんのノックを受けたり
トレーニングをしたりするのは

 

順番が違います。

 

 

例えばさっきの中3の子だと

 

全ての打球に対して
前に出ようとするから

グラブとボールが
正面衝突しまくるので

ボールを弾いてしまい
エラーになっとった

 

ヒーローズでやったのは
全くの逆で

 

いかに後ろで捕るか?

 

をお題にいくつかの
練習をレッスンして

 

30分で問題が
解決しました

 

 

「体を鍛える」

「技を鍛える」

全く別のこと。

 

そして上手じゃないままで
たくさんのノックを
受けまくったり

 

体力や精神力に話が変わって
しまってるんじゃったら

 

 

きつい練習でその目先が
すり替わっているだけよ!

 

 

中学生に本当に
必要なトレーニングは

野球が上手くなるもの
じゃないとおえんと
思ってます

 

 

シンドイことやったら
体はくたくたになる

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

くたくたになったら
「とにかくやった」
という事だけは実感できる

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

いっときの安心を
得ることができる

 

これでは本末転倒

 

この、くたくたに
なることでいっときの安心感を
得るトレーニングは

 

やる方もやらせる方も
中毒になる!

 

そしてエスカレート
します!

 

来る日も来る日も
追い込んで追い込んで

 

それでも上手くなってる
実感が得られないもんだから

 

さらにこれでもかこれでもかと
体を追い込んでいきます

 

その代償として
起きてくるのは

 

慢性的な疲労

慢性的な痛み

大きな怪我

もちろん上手じゃ
ないまま

 

と言う四重苦

 

 

大事なのは

上手になる
方法を

短時間で
キチッと
やること!

 

これです!

 

お母さん

うちの子当てはまってるかも

 

という方!

まずは無料相談
受けて見てください!