今のお父さん世代なら
通じると思うんだけど

 

僕が小学校の頃に

空前のカンフーブーム

というのがありました‼️

 

テレビの前に座れば
週に一回は

 

ジャッキー・チェンや
サモ・ハン・キンポー

 

 

リー・リン・チェイ
(今はジェット・リーね!)

たちが出演する

 

「少林寺〇〇」

「ジャッキーの〇〇拳」

 

みたいな映画が
ゴールデンタイムに放送されてた

 

今のジブリ映画よりも
視聴率は高かったはず!

 

学校ではみんな
カンフーごっこで遊んでた

 

そんな中

 

忘れてならないお方がもう1人

 

⬇︎⬇︎この方⬇︎⬇︎

ブルース・リー

 

はアクション俳優としてだけなく
時代のカリスマとして

 

たくさんの名言を残したり
ジークンドーと言う
武術の開祖にもなってる

 

彼が残した言葉の中で
最も有名なのがこれ

考えるな 感じろ

 

ほんまその通りなんよね

 

本人が大事にしている感覚と
周りの人に見えている姿は
イコールじゃないです

 

だけど今のスポーツ科学って
「感じる」じゃなくて
「考えさせる」系の
トレーニングを増やしてる

 

たとえば

 

大谷翔平選手が160km/h
投げてる時のビデオをみて

 

ボールリリースの瞬間に
肘の角度が120度
になってるから

君も肘の角度120度を
目指して練習しよう

 

 

みたいなそっちが
一人歩きをして

本末転倒な指導を
生み出す手助けにも
なってしまっている!

 

そもそもやっているのは
別の人間だから

 

ピッチングやバッティングが
もっと上手になりたいなぁ

 

と純粋に思っている選手は

 

まずは感覚重視で
自分がイメージ
している感覚と

 

実際の動きが融合
するようになるまで

体のそもそもの動きを
学習させてあげんと

応用の効かない
ロボットみたいな選手が
できあがってしまう

 

以前もブログでも紹介した
高校3年のM君は

 

⬇︎その時のブログはポチね⬇︎

『通わんでも145km/h
でるようになった!』

 

右肩が痛くて
治療が目的でやって
きたんじゃけど

 

ウェイトトレーニングを
しすぎたのか

 

ごっつごつの
ムッキムキじゃった💪

 

でも、

 

つけた筋肉と野球の動きが
感覚的に融合されずに

 

筋トレは筋トレ
野球は野球

 

という2つの部活を
掛け持ち状態になっていた

 

そうなるとこの筋肉は
邪魔もの以外の何物でもない

 

うちで一緒に感覚を
取り戻すエクササイズ
手を変え品を変えで
いろいろ取り組んで

 

最終的には
県予選で負けたけど

 

その試合で145km/hの
球速をたたき出してくれた

 

145km/hでたら
「上」が注目してくれる!

 

お父さんお母さん、もしも

 

息子さんが伸び悩んでる
ことを悩んでるなら

 

その悩みを聞かせて
ください😊

 

086-230-6988

で待っとります!