こんにちは!

野球の子どもに
真の笑顔を!

 

という活動家の
ボディコントローラーの
ひろいちです!

 

野球の父さん母さんなら
聞いたことがあると
思うんじゃけど

 

エーセン・ビーセン

 

と言う言葉を知っとる?

 

僕は今まで

 

Aチーム戦
Bチーム戦

 

という試合の名前を略してると
認識して使ってたんだけど、

 

今の子どもたちは

 

A選抜
B選抜

 

っと

 

チーム分けの名前
として呼んでるんよ

 

じゃけ、

 

エーセンに呼ばれた

 

とか

 

ビーセンに落ちた

 

とか言ってます

あなたはどう使ってます?

 

 

今日はその「ビーセン」で
頑張ってるK君を紹介します

 

(写真はNGでごめんなさい)

 

この子が初めて
ヒーローズに来た時は
中学3年生

 

打つのも投げるのも
ちんぷんかんぷん
と言う感じだった

 

体がごつくて力があるので
何とかその辺でカバー
しとったんじゃろうけど、

 

投げるボールがどこに行くのか❓
投げてる本人がわからなくなった

 

と言うことで相談を受けて
レッスンを始めた

 

そこから、岡山県では
有数の強豪チームに入学し

 

それからも二人三脚で
取り組んできました

 

きちっと投げれる
ようになったし

 

バッティングも
どんどん良くなって

 

1試合出れば1本は
ヒット打つし

 

この前もホームラン
かっとばしとった

 

最初はエーセンにいて、
このチームは選手の数も多く
層がぶ厚いので
今はビーセンにいるんだけど

 

いつでも上のチームで
活躍できる力は持っとる。

 

本人とも話するときに

野球少年

全然大丈夫です。
焦っても意味ないですし。
上がったら結果出しますんで。

 

と、絶対的な自信を持って
普段の練習に取り組んでいる❗️

 

こういう考えであれば

 

Bチームでも腐らないし
Aチームに上がったら
結果出すじゃろうし

 

その後の大学とか社会人
人生にプラスになるのは
間違いない‼️‼️‼️

 

これはもう気づいたと
思うんじゃけど

 

彼が持っている自信は

 

自分の感覚で
正しい動きをつかみ
自分が努力して

スローイングやバッティングが
良いほうに変わったと言う

 

自分自身で
つかんだ
自信!!

 

じゃけ、そりゃあブレんよね

 

この間、どんな二人三脚を
したかと言うと

 

✅物理的に理にかなっていて

✅本人の動きに合っている

 

と言うベースのレッスンを
軸に成長していった
のは当然として

 

⚾️常にコーチから質問を受け

⚾️自分で考え答えを出し

⚾️自分の感覚にまで落とし込む

 

これに二人三脚で
取り組んだからなんよ‼️

 

この濃厚な時間は
マンツーマンじゃないと
得られません

 

10連休が終わり、
中学も高校も

またあの暑くてアツい
夏がやってくる!

60分のレッスンで
子どもが変わるきっかけを
つくってみませんか!

 

ご質問ご相談は

086−230−6988

info@heroes.main.jp

までよろしくお願いします!