今日も読んでくれて
ありがとうございます

 

ヒーローズ☆スポーツ
トレーニング研究所

 

動きの調律師

伊藤ひろいちです。

 

プロ野球の新入団選手の
記者会見の様子を
テレビで見ることが
多くなりました

 

子供たちに
夢を与える存在で
あってほしいですね!

 

1年目から活躍する
んじゃないかと
言われている
ヤクルトの奥川投手

たくさんの小学生たちも
奥川さんみたくなりたい❗️

って思ってるはず

 

ならば❗️

そこに近づく道の
1つをお伝えします

 

数値に測った事は
ありませんが
(ぜひ測りたい!)

 

奥川投手の最大の武器は
足から発揮する

バネの力です

 

✅出来る限り短い時間で

✅できるだけ高い力を

 

発揮することができたら
その選手のバネは高い
と言うことができます

 

逆に

いくら重たいバーベルを
持ち上げても

 

一瞬でできなかったら
野球やゴルフには
あまり関係がない
と言うことです

 

小学生の皆さんが
バネの力を養う
のであれば

 

ジャンプ動作
縄跳びなんかが
とっても有効です

 

今日はそのコツを
ご紹介しますね

 

これから2つのジャンプ
を紹介します

⬇︎は正しく跳べている
⬇︎ときの空中姿勢です

 

✔︎足の付け根

✔︎膝

✔︎足首

という

 

3つの関節が
3つとも同時に
伸びている

のが特徴です

 

跳び上がる瞬間に
3つの関節全てが
地面に向かって力を
加えることが
出来たと言えます

 

次は上手く飛べてない
ときの写真です。

※写真に写っている
子どもさんには、
わざと間違った跳び方を
してもらっています

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

 

さっきの3つの関節が
空中で曲がっています。

これはある程度
地面に力を加えた後で

空中で膝だけ
高く上げた

ことがわかります

 

長縄跳びなんかでは
よくある飛び方ですよね

 

これは、

地面に対して最大限の
力が加わらなかった
ことの証明です。

 

バネを養うとしたら
最初の跳び方の方が
断然オススメです‼️

 

 

今回写真には
とっていませんが

空中で膝だけが曲がる
跳び方をする人も
いますがこれもNGです

⬆︎⬆︎写真はイメージですが、
  この跳び方する子って
  結構いますよ!
あなたの子どもさんの
ジャンプの動きは
どうですか❓

 

✔︎足の付け根

✔︎膝

✔︎足首

の3つの関節が

👉同時に

👉一瞬で

👉強い力を

 

地面に向かって
加えることが
できれば

 

バネの力はどんどん
強くなっていきますよ❗️

 

ちなみに

 

今はセンサーでその

バネの力を
数値化できる
ような世の中に
なりました

 

子どもさんのバネを
効率的に育むには

 

なんとなく・・・
ではなく、
数値化することは
今や必須です

 

ぜひ、あなたの近くにいる
バネを数値化できる
指導者を探して
みてください