今日は2冊の本を
紹介します📕

 

⬇︎これがこの2冊ね!

この2冊・・・
出版社も著者さんも
全然違うんじゃけど・・・

 

2冊ともいつものお得意の
パッと見の衝動買い
だったんじゃけど・・・

 

相性がめちゃめちゃ
よかったです!!

 

 

 

「瞬読」のほうはインプット

 

「アウトプット大全」
もちろんアウトプット

 

についてメインで
書かれてたんよね

 

「瞬読」の著者さんは
この本の中で

 

読書はインプットと
アウトプットが
バランスよくできて
初めて成立する

 

と言ってます!

 

つまり

 

本を何冊読んでも
その内容をアウトプット
できんかったら
読んでないのと同じこと

 

と言う事❗️

 

ネタバレになるから
あんまり書かんけど

 

インプット(読書)
は右脳を使う

 

アウトプット(伝える)
は左脳を使う

 

とも言ってました

 

もっと詳しく知りたい人は
ぜひ本買って読んでくださいね

 

瞬読がうまくできる
ようになると

1分間で10,000字
の情報量を頭に入れて

しかもちゃんと使える
記憶として収納して
おけるんだそう

 

1分間で10,000字

と言うと・・・
200ページの本を
5〜6分位で読めてしまう
と言うことになります

 

すんごい人は
20,000字/分を
超えるそう

 

実際にこの本を使って僕は
トレーニングしてみたんじゃけど

 

たしかに

 

 

漫画を読んでいる時みたいに
文字が勝手に頭に入ってきます

 

あ〜、これが右脳で
読むということかな

 

っと思えました!

 

ここからは僕の考えじゃけど

 

左脳理性を担当してて
右脳感性を担当してる

 

と思っています

 

理性と感性のバランスが
良いかどうか?

 

ではなくて
どう上手に使い分けることが
できるか?

 

というのが読書のキモ
なんだと思うんです

 

野球指導もそうです

 

左脳▶︎理性▶︎論理的な部分

右脳▶︎感性▶︎感覚的な部分

 

この2つを正しく使えることで
子どもさんへの理解度も
習熟度も格段に上がります

 

ヒーローズに来る
子どもさん達の多くは

 

カタから入って困っている
子供さんがすごく多いです

 

これはどういうこと
かというとですね・・・

 

フォームは時間かけて
教わっているものの

それが自分の感覚に
落とし込まれていない

 

と言う事❗️

 

自分の感覚になって
いないから

⬇︎

教わったことが
うまくできない

⬇︎

教えるほうはさらに
フォーム指導していく

⬇︎

本人はさらに
こんがらかって行く

 

と言う悪循環

 

これはすなわち

 

左脳に偏った結果
右脳が使えなくっとる
ということよ!!!

 

そんな時、僕らは
画像やセンサーを使って
まず本人の動きが
どうなっているかを
客観的に把握してもらい

 

いろんなレッスンをして
自分の動きが感覚として
落とし込むという

 

左脳と右脳の両方を
意識してレッスンしています!

 

興味がある方は
お試し測定があるので
ぜひ受けてみてね