こんにちは!

ヒーローズひろいちです。

 

今日は、うまくなる「コツ」
についてシェアします!

 

野球のピッチャーが
調子が良い時に
きまって言うのは

球の走りが
よかった⚾️

です。

 

ゴルファーも調子が
良い時は

ヘッドの
走りがいい🏌️‍♂️

と言う表現をします。

 

同じように

バッターならバット

テニスならラケット

サッカーならば
ボールを蹴る方の脚

などなど・・・

 

この走るっていう
感覚の正体は
なんなんでしょうか?

 

どうやったら
走る

が身につくんでしょうか?

 

答えからズバリ
言ってしまうと

 

ボールやバット、
クラブやラケットに

 

慣性の法則

 

が働いているときは
勝手に走ってくれます

 

実は日常生活にも
たくさんあります

 

クルマの運転中に
あっ!と気がついて
急ブレーキをかける
ときってないですか?

そんなときは

乗っている人や
座席に置いてある
ものなんかは

勢い余って
前方に吹っ飛んで
行こうとします

 

これが慣性の法則です

 

ここからは想像
してみてくださいね

 

猛スピード

  &

急ブレーキ

であればあるほど
吹っ飛んで行こうと
する力は大きいです

 

つまり、

走ってます!

 

逆にこの
走るの力が使えないと

 

何か別の方法で
力を生み出さないと
いけなくなります

それは筋力です💪

慣性を使えずに
筋力に頼ると・・・

 

余計な力が入ってしまい
パフォーマンスは
低くなってしまいます。。。

 

勝手に走って
力が生まれる状態

筋力で走らさないと
いけない状態

 

では天地ほどの
差があります❗️

 

 

クラブやボールが
走るように
体を上手に使うのは

物理に基づく
技術
です

 

技術なので、
訓練すれば
誰でもできる
ようになります

 

これだけで野球の
ピッチャーなら
ボールスピードが
10キロ上がったり

 

ゴルフのドライバーなら
20ヤード飛距離が
伸びるなんて言う事は
よくあることです

 

今日のキーワードは

・慣性の法則

・猛スピード

・急ブレーキ

・◯◯の走り

 

でした。
ではではまたの機会に〜

 

【屋号が変わりました】

ヒーローズパーソナル
コンディショニングスタジオは

令和元年9月8日より
お店の名前を

 

ヒーローズスポーツ
トレーニング研究所

 

に改めました!

 

研究所の名のとおり、
たくさんの困りごとを
抱えるスポーツマンたちを
ヒーローにするために

研鑽を積みこの道を
極めていきます。

そしてここで得られた情報を
たくさんの人にリリースして

周りの人を笑顔に導く
スポーツマンを
たくさん育んでいきます。